読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTYのDREAM LIFE!

人生はたくさんの夢と物語でできているのだ。空想と妄想がつまった私の日記。

【実況】内緒のブログがバレた時、家族はどんな反応をするのか?

f:id:neoSatty:20150317011230j:plain

こんにちは!SATTYです。

この週末、私にはちょっとした事件が起きました。そう…これまで周囲の誰にも内緒でひっそりと続けていたこのブログが、夫にバレたのです。というか正確にいうと、バラしたのです。そこで、今日はその模様をお届けしたいと思います。

まず、事件の経緯をお話します。

といってもそんな大層な話ではないのですが。

週末、夫・Dスケさんが東京にやってきました。単身赴任で東京に一人暮らす私と、大阪で自宅を守ってくれているDスケさん。今回は約1ヶ月ぶりの再会です。

この1ヶ月の間に私に起こった変化・・・それは「ブログを始めたこと」!

お互いの近況報告をするにあたって、ブログに触れないことイコール、この1ヶ月の私がほぼ「無」であったことと同義・・・。「この1ヶ月、私が得たのものは無だよ。」そんな報告では、せっかく遠く大阪から応援をしてくれているDスケさんに申し訳がたたないというものです。私は後ずさりする心にムチを打ち、まだまだ小さな生まれたてのブログの存在をDスケさんに伝えることにしたのです。

実は・・・カミングアウトを決めた理由は他にも

いい機会が訪れたといえばそれまでなのですが、実は以前からブログのカミングアウトを考えてはいました。それには次のような理由があります。

近況報告になると思った

これは我が家独特の理由。毎日LINEや電話で連絡をとりあってはいるものの、一緒に住んでいた頃と比較すると、格段にコミュニケーションは減っています。日々の日記や感じたことを書くことが多い私のブログは、私の近況をDスケさんが知るいいツールになるのではないかと思ったのです。

元々、最終的には周りに読んで欲しいと思っていた

これも大きな理由の一つです。私のブログの最終目標は、自分の書いた文章をたくさんの人に読んでもらうことです。ブログという半永久的に継続し続けられる作品を作っている感覚。それがいつか、誰かの琴線に触れられたなら・・最高。その対象には、周囲の友達や家族も含まれています。もうちょっと、形がはっきりしてきたらいずれ公開したいな、と考えていました。リアルとネットを私はつなげたい派の考え方ですね。その一歩が想像よりも早かったということ。

あった時の行動があやしすぎる

これからも定期的にもちろん行ったり来たりをすることを考えた時に、間違いなく私の行動があやしくなると思いました。家にいてもPCの前でなにやらしている・・・近づくと隠す・・・携帯を触る回数が明らかに増えている(Twitterとかも以前はしていませんでしたから)・・・こ、これは・・!浮気!?ただでさえ遠距離のところ、いらない誤解は生みたくありません。

どうせなら写真とか協力してほしい

これは自分のためなのですが。本当は、日々の日記の中で写真もたくさんのせていきたいと思っていました。ところが私は写真の腕前がかなり残念でして・・・一方のDスケさんは自分で三脚を持ってるくらいには写真好き。しかも週末いろいろな所に出かけるとあらば、こんなチャンスはありません。写真、とってくれ。それも理由の一つです。

なんだったら夫婦で運営しても面白いんじゃないかと思った

昔から物作りをする時の、誰かと作り上げる行程が好きだった私。個人ブログの楽しみも感じつつ、この作業誰かと一緒にやっても絶対楽しいよなぁーとも思っていました。Dスケさんと一緒にブログを育てていくのも楽しいかも、と実は密かに企んでいたのです。

編集マンの客観的な意見を聞いてみたかった

Dスケさんは、とある雑誌の編集マン。時にはライティングを行うこともあるようで、彼からみたこのブログがどう映るのか・・それはかなり興味がありました。そして、物書きになりたい、という私の長年の夢を知っている貴重な存在でもありました。なので、ちょっと書き始めたんだよ、という報告もしたかった。

喋りたくて仕方がなかった

最終的にはこれにつきるでしょうか。ここ1ヶ月、ブログ記事にするとたったの10記事ちょいと寂しい感じではありますが、いろいろなブログを見たり、ブログネタを考えたり、色々な方とブログを通して出会えたり、この楽しい時間を誰かに話したくてたまらなかったのです。

そんなこんなで、カミングアウトを実況

ドキドキ。ドキドキ。

SATTY「最近のブログってすごいねんで、みんなすごい書かはるねん」

(まだPCは渡さず)

Dスケ「そうなん、で、見して」

SATTY「これはちょっとヤバいねんなー」

(どの記事を見せるべきか悩む)

Dスケ「いいから、はよ見して」

(ついにPCがDスケさんの手に・・・)

SATTY「あぁ・・」

f:id:neoSatty:20150317011348j:plain

こんな顔。

Dスケ「ハハ・・」

SATTY(笑いがかわいている・・)

・・・しばしの沈黙・・・

Dスケ「ちょっと休憩していい?」

SATTY「えっ、もう?」

Dスケ「ふぅ、目いたい」

f:id:neoSatty:20150317011446j:plain

(酒をのむDスケさん)

SATTY(ガクガクブルブル)

Dスケ「よいしょ」

f:id:neoSatty:20150317011516j:plain

こんな顔。

Dスケ「・・・へっ」

SATTY(!・・!!)

ぱたん。(PCをとじる)

Dスケさん「ええやんか、続けたらええ」

SATTY「それだけ?もっと感想とかないの?」

Dスケ「芸能人じゃない人の日記とか普段読まへんもん〜」

SATTY(えぇ・・・想像してた反応と違うぅぅ・・)

 

正直なところ、もっといろいろ感想がきけるものと思っていた私・・。しかし、そうです。私は大きな前提を過っていたことに気付いたのです。

誰もがブログ文化に慣れ親しんでいるわけではない!

ということ・・

すっかり忘れていましたが、そういう私も人のブログに興味を持って読み始めたのなんてここ2ヶ月程の話。それまでは、日頃ネットで目にする記事が誰かのブログであることを意識したことすらありませんでした。ネット上のコンテンツはプロの人が書いているもので、ブログというのは芸能人やミュージシャン、友達でも何かの活動をしている人が書くものだと。いざ興味を持ち出してみて驚いたものです。こんなにもたくさんの人たちが、自分の考えや趣味やノウハウをブログから発信しているのかと。

Dスケさんの感覚はまさにそれで、有名人でもない私が書いているという事自体が違和感でいっぱいだったようなのです。

書きたくてやってるなら、悩まず続けろ

それでも諦められない私が、つついてつついてDスケさんからもらった意見とアドバイスはこんな感じ。

変な日本語をつかうのはやめなさい

日本語の使い方が間違っている箇所の指摘ですね。はい、反省です。

書きたいことがあるなら、人がどう思うとかを悩まなくていい

これは私自身が迷走中なのですが、日によって書くことが全く違うので、なんとなく一環したカラーが出せないもんかと感じていました。それに対しての彼の意見はこう。

「ブログってそういうもんでしょ、他人になんやかんや言われてやっても楽しくないやろ。目的が書くことなら書いてて一番楽しいのを育てていけばいい。こんなちょっとの記事で悩んでんと、続けなさい。」と。

でもどうせならいっぱいの人に読んでもらえるように改善していきたいやん・・とごねる私に、

「1000人とか2000人に読んでもらえたら、ある程度読まれるコンテンツがわかるやろ、それまではいらんことを考えずに続けな」

という言葉をいただきました。ぐぅの音もでないとはこのことです。

最後に、「Dスケさんは、どんな記事書いたら毎日よんでくれるの?」

という私の問いへの答え。

おっさんに憑依するやつの連載なら読んだる。連載・おっさん憑依

ほんまかいな・・・

 

▼コレが噂の「おっさん憑依」

neosatty.hatenablog.com

まとめ

ということで、今回私が家族であるDスケさんにブログをカミングアウトして思ったこと。

・反応に期待してはいけない

・思いの外にいろんな意見をもらえて良かった

・読者、しかも自分を知っているコアな読者がつく

・見られて困るブログネタを持ってる人は、もちろんやめたほうがいい

・書き手を知ってるだけに、ネット上のキャラに違和感を感じるらしいので、
 それでも関係ないさ、これまで通りさ、という強固な信念が必要。
 好きな様に書けなくなるならやめた方がいい。

 

想像していた反応とは違ったものの、結果的に私は話して良かったです!翌日もさんざんブログ用写真などの撮影に協力をしてもらいましたので、これはまた次のブログで。

それでは今日はこのへんで!また。