読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTYのDREAM LIFE!

人生はたくさんの夢と物語でできているのだ。空想と妄想がつまった私の日記。

東京限定「じゃがですよ!」とともに過ごした新幹線の旅。本当にただそれだけのこと。

こんばんは。土曜日の夜、君はいかがお過ごしだろうか。

私は今、大都会東京から、愛する故郷大阪へと移動する旅の途中で書いている。そう、私は旅人。ジャーニー・SATTYである。

新幹線の車内というのは、長い異次元空間のようなもので、私はただシートにもたれて流れ行く夜の光景を眺めているだけなのに、あと2時間もすれば開いた扉の向こうに愛するステディがいるのだから、不思議だ。

ワンダーof 新幹線。旅の友となるプレミアムドリンクは、WONDAだ。うまい・・実にうまい・・・

そして、品川ステーションで出会った「彼」が、この旅を彩るもう一人の親友になる。

ー彼の名は「東京限定 じゃがですよ!」

f:id:neoSatty:20150523212420j:plain

 

銀座生まれのカレー味だ。

f:id:neoSatty:20150523212459j:plain

 

親友との旅を楽しもうと、私は彼の心のドアをノックした。

f:id:neoSatty:20150523212727j:plain

心細くなるほどの少なさに、心に冷たい風が一瞬駆け抜けた。なぜって300円近くしたのに。

しかし、私は気づくのである。ダイエットをしていたことに。そうか、これは太ってはいけない私のために生まれた「じゃがですよ!」なのか・・・。

まさに出会うべくして、私たちは出会ったのだ。 余談であるが、「じゃがですよ!」カレー味と、缶コーヒーは決して組み合わせてはいけない。お互いの足を引っ張り合う、悲しい関係が生まれからだ。

モスバーガーのポテトを猛烈に乾燥させて美味しいカレー粉をふりかけたら、きっとこうなるんだろう、私はそんなことを考えて、「じゃがですよ!」を平らげた。

f:id:neoSatty:20150523212920j:plain

 時間にして5分。食べる前より、空腹を覚えているのが不思議だ。そう、やはり少なすぎた、少なすぎたのだ。

・・・

「じゃがですよ!」と惜別の時を過ごした私の耳に、ファンキーなボーイたちの歓声が聞こえた。3列ほど後ろのシートに、6人ほどのボーイたちが旅の終わりのひと時を楽しんでいる。

「違う違うーーーーーHAHAHAHAHA」

「おまえがーーーーーHAHAHAHAHA」

「うぇーーーーーーいHAHAHAHAHA」

私は青い果実のようにみずみずしい若さをたたえた、ファンキーボーイたちの笑い声に、微笑んだ。賑やかな旅も、たまには悪くないもんさ。

「ぎゃーーーーーーーHAHAHAHAHA」

「いやだからーーーーHAHAHAHAHA」

そう、悪くないもんさ・・・

そこに通り掛かった、車掌さんが彼らにメッセージを伝えた。

「お静かに」

It's ナイス・プレイ。

・・・

そしてまた、夕闇の静寂が訪れた車内。私は何気なく周囲を見渡した。

今日も車内には多くの人が乗っている。彼らはみんな、どこへ向かうのだろうか。 ジャーニー& ジャーニーのクロスポイント、今私はそこに立っているのだ。私は彼らの旅に思いを馳せ、旅の一期一会を楽しむ。

袖振り合うほどの距離に座る隣の酒臭い紳士は、愛する妻の元へと帰る企業戦士か。いびきをかきながら眠る、まるで騒々しい天使のような横顔が真っ暗な窓に映っている。ゆっくりお休み、赤い顔のMr.エンジェル。君にはビールがよく似合う。

また、先ほどのファンキーボーイの一人が、通路のすれ違いざまスッとよけた私に、笑顔の「ありがとう」を投げかけた。君の声は大きいが、君のハートもでっかいな。たったそれだけで、私の旅は気分良くなっていくのだから、まったく単純なもんさ。Good Luck。

ただ動き続ける新幹線の中で、私たちはみな旅人だ。大きな出来事がなくても、小さな出会いがある。それはまるで人生のようではないか。

あぁ、どうやら眠りの使いがやってきたようだ・・・

次に目覚めた時には、愛する君が目の前にいるだろう。

それでは、しばし夢の時間を。

また、次のお話まで。