読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTYのDREAM LIFE!

人生はたくさんの夢と物語でできているのだ。空想と妄想がつまった私の日記。

現代の文人、古民家でブログを書く。岐阜県「夜がらす山荘 長多喜(ながたき)」の夜

こんにちは。SATTYです・・・

本日は新緑の岐阜県、夜がらす山荘 長多喜(ながたき)よりお届けします。

SATTYは岐阜県の旅行って、スキーくらいしか経験がない。いったい何があるのだろう、と来てみれば・・・あった。大自然

f:id:neoSatty:20150611215203j:plain

鬱蒼としげる雑木林の中にたたずむ「夜がらす山荘 長多喜」は、6棟ある古民家に1棟1組だけをもてなしてくれるという贅沢なお宿で、天皇陛下が皇太子時代に宿泊されたこともあるという。手の行き届いた茅葺の屋根が、太陽の光を浴びて美しい。

f:id:neoSatty:20150611215256j:plain

正真正銘本物の古民家。あちこちに歴史の匂いを感じる。私たちが宿泊したこの棟は、なんとかの三國連太郎が宿泊したこともあるとか。

f:id:neoSatty:20150611215912j:plain

味がある、とかいうレベルじゃない。

また古くから、たくさんの文人にも愛され、

・・・

文人にも愛され。

・・・・・・

文人!!きゅーーん。

ブログという現代の書をしたためるものだって、立派な文人ではなかろうか。

なるほど、それならばどっぷりとつかってしまおうじゃないか、この文人の宿に。

現代の文人、古民家でブログを書く

f:id:neoSatty:20150611220108j:plain

我輩は、SATTYである。

  

f:id:neoSatty:20150611220157j:plain

書くことはまだない。

 

f:id:neoSatty:20150611220455j:plain

んーーー。どうしよっかなーーーー。

 

f:id:neoSatty:20150611224328j:plain

なんか、いろいろどうでもよくなってくるなぁ・・・。

 

f:id:neoSatty:20150611224403j:plain

 だめだめ・・・文人。文人。

 

・・ カタカタカタ・・・・ カタカタカタ・・

 

・・・女は歩いていた。デコボコと草履越しに感じる石の生暖かい感触。

夕暮れの匂いがまとわりつく雑木林の先にたどり着いた古い宿で、

f:id:neoSatty:20150611221334j:plain

突如起きる殺人事件。

 

f:id:neoSatty:20150611221426j:plain

なんか、違うなぁ・・・・

 

f:id:neoSatty:20150611220727j:plain

もう、やめよっかなぁ・・・。

 

f:id:neoSatty:20150611222102j:plain

・・・どうしようか、アクタガワDスケ。

 

f:id:neoSatty:20150611222239j:plainグビッ

「考えるな、感じろ」

 

f:id:neoSatty:20150611222340j:plain

キレイな月だ・・・

こうやって、何十年も昔も文人たちは月を見上げて、書に向き合っていたのだろうか。

頭をひねって、書きしためていたのだろうか。

なぜ人は、時代が変わっても書き続けるのだろうか。

 

夜がらす山荘の文人の夜は更けていく・・・

・・・

おまけ

なんちゃって。

とっても素敵な「夜がらす山荘 長多喜」。実は訪れたのは先月だったのですが、時間を贅沢に感じられる本当にいいお宿でした。古民家はそれぞれに味わい深く、地元でとれる山菜やタケノコをふんだんに盛り込んだ懐石料理も、非常に美味。

f:id:neoSatty:20150611223454j:plain

夜になると、お宿の人が囲炉裏に炭をくべてくれて、じんわりと燃えていく炭の赤色を眺めながら、日本酒をおいしくいただきました。

たまには少し日常から離れて、自然に包まれてみるのもいいもんです。

 

それでは、今日はこの辺で。しっつれいいたしましたーーーー。

また、次のお話しで。