読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTYのDREAM LIFE!

人生はたくさんの夢と物語でできているのだ。空想と妄想がつまった私の日記。

30年後の作文「わたしのおとうさん」

家族の話

f:id:neoSatty:20150623005213j:plain

わたしの家は、おとうさん、おかあさん、おにいちゃん、わたしの4人家族です。

おにいちゃんは、サッカーチームに入っているので、土よう日はいつも練習があります。おかあさんも、おにいちゃんといっしょにサッカーの練習についていきます。

冷たいお茶を用意したり、応えんをしたり、お友だちのおかあさんとお話したり、おかあさんも大変です。

だから、土よう日におかあさんとおにいちゃんは、家にいません。半日授業が終わって、家に帰ったら、いつもわたしはおとうさんと二人だけでお昼ごはんを食べます。

f:id:neoSatty:20150623003847j:plain

土よう日のお昼ごはんは、チャーハンです。

おかあさんが出かける前に作っておいてくれます。 フライパンの中にちょっと茶色いチャーハン。山もりのチャーハン。ピーマンとハムとたまごが入った おしょうゆ味のチャーハンはとてもおいしいです。でも上の方だけちょっとかわいてカピカピになっているのが、たまにきずです。

f:id:neoSatty:20150623003906j:plain

おとうさんは、いつもチャーハンを食べる前にわたしにいいます。

「おみそしる、作ろうか」

おとうさんは、おみそしるが好きやなあと思います。 チャーハンを食べるときには、おみそしるがないとダメみたい。 私はなくても平気やけど、おとうさんが作ろうといったら、私は「いいよ」と言って、おとうさんといっしょにつくります。

おみそしるの作り方はとてもかんたんです。すぐにできます。

「わかめと油あげのおみそしるにしようか」

おとうさんはわかめが大好きなので、だいたいいっつもおんなじ具です。

好きやなぁ、ほんまに。いつも私はそう思います。

塩がいっぱいついたわかめをボールにいれて、お水であらいます。

わかめはお水につけると、いっぱい増えるので、あまり出しすぎたらわかめだらけになるのでダメです。 少ないくらいでだいじょうぶです。

わかめをしっかり洗ったら、包丁で切ります。このままだと食べにくいからです。わたしは包丁をつかって、わかめをちゃんと切ることができるようになりました。

あぶらあげも、細長くきります。ちゃんと切らないと、下がつながって、おとうさんに笑われるので注意しないといけません。

f:id:neoSatty:20150623003933j:plain

具がきれたら、つぎに小さいおなべにお水をいれます。 おなべはいつも、台所のいちばん上のたなにあるので、おとうさんがとってくれます。

もうちょっと背が大きくなったら、ひとりでもとれるようになると思います。

お水をいれたおなべは重たいので、気をつけなければいけません。 このお鍋は持つところがぐらぐらしているので、注意しないと、お水がこぼれてしまいます。

お水をいれたおなべをコンロにおいたら、火をつけて、ぼこぼこと泡がでてくるまでまちます。 そうしたら、ダシのもとをいれます。ふくろの半分よりちょっと少ないくらいです。

わたしはこのダシのもとが大好きで、いっつもちょっとだけ手にのせて、ペロッとなめます。 しょっぱくておだしの味がしておいしいのです。でも、おかあさんに見つかったらおこられるのでないしょです。

ダシのもとを入れたら、さっき切ったわかめと油あげをいれます。

「やけどするぞ、きぃつけよ」

おとうさんは、いつもそう言います。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。

さわったらアツいことなんて、知ってるのに、おとうさんはしんぱいしょうです。

あつあつのお鍋にいれると、わかめがパッと緑色になって、キレイです。 でもやっぱりちょっと多かったみたい。わかめだらけになりました。

そうしたら火をけして、おみそをいれます。ここからが、むずかしいところです。

おたまにおみそをちょっと入れて、おなべにチャポンとつけて、お湯をちょっとだけおたまに入れます。 それから、おはしでちょっとずつおみそをとかしていきます。

f:id:neoSatty:20150623003955j:plain

しっぱいしたら、とけてないおみそのかたまりがおみそしるの中にはいって、しょっぱくなってしまうので 注意しないといけません。

おみそをとかしたら、味見をします。味見をしながら、ちょっとずつおいしくしていくのです。

「これくらいかなぁ」

「ちょっとうすいんちゃうか?」

「ほんなら、これくらいかなぁ」

「もうちょっとやな」

「ほんまに?じゃぁ、こんくらい?」

「しょっぱい!しょっぱいなぁ」

「ほら、ゆうたやん」

しっぱいしたら、ちょっとだけお水をたして、うすめたらだいじょうぶです。

「これならどう?」

「よしよし!できたできた」

おとうさんの分と、わたしの分と、おわんによそって。

チャーハンもよそって、レンジでチンしたら、やっとお昼ごはんです。

「おいしいなぁ、おみそしるようできたやんか」

土よう日のいいお天気。テレビを見ながらおとうさんと一緒のお昼ごはん。明日はお休みです。どこにいこうか。

おいしいなぁ、おいしいなぁ、

 

おいしかったなぁ、お父さん。

 

f:id:neoSatty:20150623004026j:plain

あとがき

こんにちは。SATTYです。

父の日でした。今年はちょっとお高めの焼酎を、実家の父親に送りました。なんにもメッセージもつけずに、愛想のない娘やなぁと、そんなことを考えていたら、ふいに思い出された昔の風景。

小学生の私が、父と一緒にいっつも過ごしたふたりきりの土曜日。あの当時、父が唯一作れる料理は「おみそしる」で、母が帰って来たらふたりで作ったんだと自慢していたような、そんな記憶がうっすらと残っています。

あれは私にとっての、おやじの味やなぁ。まだ小さな子供だった私と、若かったおとうさんの土曜日のお話。

それでは、今日はこのへんで。

また、次のお話で。