読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SATTYのDREAM LIFE!

人生はたくさんの夢と物語でできているのだ。空想と妄想がつまった私の日記。

「わたしと×××、どっちが大事なの!?」を、ちょっと解説してみます。

f:id:neoSatty:20150624230831p:plain

by flashcurd

「だいたいいっつもさ、わたしのことなんてほったらかしじゃん!!」

 

ーピッ(一時停止)

こんばんは。SATTYです。

えー現在絶賛喧嘩中のカップルが一組。このセリフのあとに続く言葉、もしかしてあなたもご存知じゃない?はい、大きな声でーーー

『わたしと×××、どっちが大事なの!?』

はい、その通り!わりと有名な言葉ですね。ちなみに、このカップルの場合この名セリフを言っているのは女性の方です。これは男女入れ替わる時もありますね。ケースバイケースですね、はい。

このやりとりの感想としてよく聞かれることが、あります。「あー、それ言っちゃぁダメでしょー、そのセリフはダメでしょー」。これですね。だいたい、言われた彼氏とかが友達にその話をした時に聞く鉄板の感想ですね、はい。多いの、実に多いのこれ。

先ほども話した通り、カップルの喧嘩なんてケースバイケースですからね。一概にどっちがどーとか言えないんですけども。せっかくなんでね、わたし今日は全面的に『わたしと×××、どっちが大事なの!?』を言っちゃった方の肩をもってみたいと思います。

「どっちが大事なの!?」言った側の心境

まず言いたいのが、『わたしと×××、どっちが大事なの!?』って、言っちゃぁダメかもしれないけど、言わせちゃぁダメですよ。おっと、早くもブーイング、待って、待ってて。ちょっととにかく、言ってしまった彼女の声を聞いてみましょう。

ーピッ(解除)

スンスン・・スンスン・・グスン

「彼が新しい仕事を任されて、すごくチャンスなんだっていうのはわかってます。家に帰ってきても夜遅くまで仕事仕事。一生懸命頑張っているのは知っています。でもなかなか休みもとれないし、メールもなかなかくれないし、わたしといるより仕事している時のほうが楽しそうにすら思えるんです。わたしだけ何だか置いてきぼりをくってるみたいで、本当は応援してあげたいのに、できなくて・・・グスン」

ーピッ(一時停止)

・・ズビーーーーッ。聞いた?ねぇちょっと聞いた?もう、泣くわよ、泣きますよ。

生き生きと頑張る彼への羨望、嫉妬、寂しさ、不安、こういう複雑な感情が相まって、言いたくないのに言わずにいられない言葉、それが・・・・・あれ、違う?

何言ってんだ、こちとら仕事だってんだよってんだ?メール返してこないとかマジ勘弁してくれよ、こっちだってしんどいんだよーって。

やめてーーーーー!もう、やめたげてーーーーーー。

失礼。まぁおっしゃりたいことはわかるんですけどね、ちょっとわたしの話を聞いてください。

 新しい変化は消耗する、でもきっと楽しい

人間って基本的に新しいもの好きですよね。新しい出会い、新しい仕事、新しい環境、新しい1日。変化は怖いけど、同時にものすごく心をときめかせてくれる。

刺激的ですよねー、夢中になりますよね。もっと仲良くなりたい、成果をだしたい、次はどうしようか、今度はどんなワクワクがあるんだろう、そんな風に思いません?

ところが、誰でも1日24時間。新しいものがそこに加わってくれば、どうなるでしょう。

時間、足りないですよねー、疲れますよねー。体と心に負担がかかる分、何かをやめなきゃいけなくなる。新しいものに夢中になればなるほど、後回しにするものもたくさん生まれます。

うまく調整できる人はいいんです。そういう人はだいたいわたしと×××、どっちが大事なの!?』は言われない人なんです。

調整できない人、目の前のことに一生懸命になってしまう人は何を犠牲にするか?

きっと、許してくれるものから犠牲にしていく気がするんです。多少の無茶をゆるしてくれる「自分の体」かもしれないし、もしかしたら何を言っても許してくれる「大切な人」かもしれません。

大事な人ほど、許してくれる

あなたのそばにいてくれる人、あなたをわかってくれる人、応援してくれる人、そういう人こそきっと大事にしなきゃいけない。なのに、そういう大事な人ほど「許してくれること」「理解してくれること」「応援してくれること」をあなたはきっと知っている。

あなたが頑張らなくても当たり前のようにそこにいてくれる人を、「このくらいわかってくれるよね?」と、少しづつ犠牲にして、頑張らなきゃ手に入らない新しいものを手に入れようとしているんです。

ほらほらほら、ちょっとそんな気がしてきたでしょ。思い返せば一つや二つ、あるんじゃない?

なにも、頑張っているあなたを責めようってんじゃないんです。完璧なんて難しい。あっちもこっちも100%ができたらいいんだけど、そうもいかない。

ただ一つ、そのことを知っててほしい。余裕ができた時でいいから、本当は大事な人のことを大切にしてあげてほしい。気づいた時に、伝えてあげてほしい。

ーピッ(解除)

「はい、わたしです。SATTYです。いや、もうまさにわたしその状態でして、はい。あんまり毎日やることもたくさんあって、新しい出会いもたくさんあって、いつも側で見守っててくれる人のことを、悲しませてしまっています、はい。ごめんね、ごめんね。前も謝ったけど、本当にごめんね。ちょっと後で、電話するよ。ね、そこのあなた。ごめんね、いつも本当にありがとう。心から、はい。」

・・・

ザザザザザーーーー本日の放送は終了しました。

 

それでは今日はこのへんで。

また、次のお話で。